Windows10 スクリーンショットの方法(画面コピー、スクショ)

Windows10でスクリーンショット(画面コピー、スクショ)のおすすめの方法です。また、いろいろなやり方を集めてみました。

スクリーンショットのおすすめ

一番簡単な方法としては、設定→簡単操作→キーボード→プリントスクリーンのショートカット:ON に設定した状態で、PrintScreen キー押し。

以上。といいたいところですが、他にもありますので、見ていってください。

スクリーンショットの方法一覧

ざっと、下記のような方法でスクリーンショットを撮ることができる。

  • Shift + Windows + S の同時押し
  • 通知 → 画面領域切り取り
  • PrintScreen or PrtScn(プリントスクリーンのショートカット:ON)
  • PrintScreen or PrtScn
  • Alt + PrintScreen or Alt + PrtScn の同時押し
  • 切り取り & スケッチ
  • Excel → 挿入 → スクリーンショット
  • Powerpoint→ 挿入 → スクリーンショット
  • Word → 挿入 → スクリーンショット
  • OneNote → 挿入 → 画面の領域

Shift + Windows + S の同時押し

ショートカットキーで一発で呼び出せる。Windows10であればどのパソコンでも同じように操作できるため、設定がどうなっていようが使えるため、覚えておいて損はない。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・フリーフォーム領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り
・全画面表示の領域切り取り

通知 → 画面領域切り取り

Shift + Windows + S と同様の機能を、マウス操作で実行できる。こちらが一般的だと思うが、初期表示では、通知を押したときに表示されていないため、「展開」をクリックする必要がある。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・フリーフォーム領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り
・全画面表示の領域切り取り

「通知」アイコンクリックし、「画面領域切り取り」クリック

「通知」アイコンクリックし、「画面領域切り取り」クリック

PrintScreen or PrtScn(設定→簡単操作→キーボード→プリントスクリーンのショートカット:ON)

設定→簡単操作→キーボード→プリントスクリーンのショートカット で、「PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く」をONにするすることで、「Shift + Windows + S」を押す動作や「通知 → 画面領域切り取り」の操作を、PrintScreen(PrtScn)を押すだけの操作にできる。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・フリーフォーム領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り
・全画面表示の領域切り取り

プリントスクリーンのショートカットを「オン」に設定

プリントスクリーンのショートカットを「オン」に設定

PrintScreen or PrtScn

全画面表示の領域切り取り ができる。昔からあるショートカット。常に画面全体をコピーするため、どこかに貼り付けた後に、編集する必要がある。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・全画面表示の領域切り取り

Alt + PrintScreen or Alt + PrtScn の同時押し

最前面に表示されている、ウインドウの領域切り取り ができる。こちらも昔からあるショートカット。ウインドウ単位での切り取りのため、ウインドウ内の一部を切り取る場合には編集が必要。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・ウインドウの領域切り取り

切り取り & スケッチ

画面右下のペンのマーク「Windows Ink ワークスペース」クリック→「全画面表示の領域切り取り」クリック → 編集後に保存、またはコピー。Windows7からあった、Snapping Toolの後継機能。

貼り付けられる場所どこでも
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・フリーフォーム領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り
・全画面表示の領域切り取り

「Windows Ink ワークスペース」アイコンクリックし、「全画面表示の領域切り取り」クリック

「Windows Ink ワークスペース」アイコンクリックし、「全画面表示の領域切り取り」クリック

Excel → 挿入 → スクリーンショット

貼りつける場所が、Excelの場合に使用可能。Office系で共通操作なので、一つ覚えておけば他のOffice系アプリでも同じように操作でき、効率的。

貼り付けられる場所Excel
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

PowerPoint→ 挿入 → スクリーンショット

貼りつける場所が、Powerpointの場合に使用可能。Office系で共通操作なので、一つ覚えておけば他のOffice系アプリでも同じように操作でき、効率的。

貼り付けられる場所PowerPoint
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

Word → 挿入 → スクリーンショット

貼りつける場所が、Wordの場合に使用可能。Office系で共通操作なので、一つ覚えておけば他のOffice系アプリでも同じように操作でき、効率的。

貼り付けられる場所Word
切り取り方法・四角形の領域切り取り
・ウインドウの領域切り取り

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

「挿入」クリック→「スクリーンショット」クリック→ウインドウを選択または「画面の領域」をクリックして一部を切り取る

OneNote → 挿入 → 画面の領域

貼りつける場所が、OneNoteの場合に使用可能。Office系で共通操作なので、一つ覚えておけば他のOffice系アプリでも同じように操作でき、効率的。ExcelやWordなどとは少し操作が異なっている。

貼り付けられる場所OneNote
切り取り方法・四角形の領域切り取り

「挿入」クリック→「画面の領域」クリック

「挿入」クリック→「画面の領域」クリック

あとがき

まずは一つ覚えてすぐに使えるようにすることがポイント。

タイトルとURLをコピーしました