Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処

Outlookで古いメールが見れない場合の対処方法を紹介する。

Microsoft365や無料のMicrosoftメールのメールの送受信をOutlookで行っていて、1年以上前の古いメールを探そうとすると見れない場合がある。パソコンの容量を圧迫しないようにしたり、アプリの速度を高速化するためと思われるが、これが初期の設定になっているようだ。

Outlookの1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処方法

初期の設定で、通常クラウドにあるメールボックスのデータをOutlookに受信する範囲が1年に設定されているため、その設定をもっと過去のメールも確認できるようにする手順。

Outlookを開き、「ファイル」クリック

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
Outlookを開き、「ファイル」クリック

「アカウント設定」→「アカウント設定」を順にクリック

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
「アカウント設定」→「アカウント設定」を順にクリック

一覧から対象のメールアドレスをクリックして選択し、「変更」クリック

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
一覧から対象のメールアドレスをクリックして選択し、「変更」クリック

「過去のメールをダウンロード」のスライダーを右にスライドしてどこまでさかのぼるかを調整し、「次へ」クリック。
一番右までスライドすると受信メールをすべてのメールを確認できるようになる。

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
「過去のメールをダウンロード」のスライダーを右にスライドしてどこまでさかのぼるかを調整し、「次へ」クリック。
一番右までスライドすると受信メールをすべてのメールを確認できるようになる。

「完了」クリック

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
「完了」クリック

Outlookを×ボタンで終了し、再度Outlookを起動しなおすと反映される。

Outlook 1年以上前の過去のメールが見れない場合の対処
Outlookを×ボタンで終了し、再度Outlookwo起動しなおすと反映される。

注意点

メールが多い、または添付ファイルが多い場合は注意が必要。

パソコンにメールデータが多く保存されるため、その分、データ量が多くなりパソコンのディスク容量を圧迫する。そのため、必要な過去の年数分に絞る方が良いだろう。

Outlook Web版で確認する

一時的に過去のメールを確認したい場合、OutlookのWeb版を使うのも良いだろう。上記の手順だと、データを受信するためにすぐに確認することができないため。

使い方は下記の記事を参考にしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました