iPhone 車載充電器でワイヤレス充電するとApple Payが開き充電ができない場合の対処

iPhoneを車載充電器でワイヤレス充電(Qi充電)するとApple Payが開き、充電ができない場合の対処方法について紹介する。

事前準備

この手順ではiPhoneから設定を削除することを行なう。そのため、iCloudにバックアップを取ってから実施することをおすすめする。設定が削除されても問題なければ、そのまま進んでも良い。

設定 → 自分の名前 → iCloud で、下にスクロールし、「ウォレット」をオンにする

iPhoneを車載充電器で、Apple Payが開きワイヤレス充電ができない場合の対処手順

設定 → ウォレットとApple Pay を順にタッチする

「支払い用カード」セクションのカードを順にタッチし、「このカードを削除」をタッチ

削除をタッチ

「支払い用カード」がすべてなくなったら、ワイヤレス充電ができるかどうか確認する

ウォレットをすべて削除する

ウォレットを再度追加する方法

一部はiCloudに保存されているため、ウォレットの追加をするときに復旧することができる。

設定 → ウォレットとApple Pay → カードの追加 を順にタッチする

「以前ご利用のカード」が表示されたら、復旧できる。

「以前ご利用のカード」をタッチし、復旧したいカードをチェックし、「続ける」をタッチ

クレジットカードを追加する場合は、セキュリティコードを入力

あとがき

私自身が同様の状況になり、USBケーブルで充電すれば良いかと考えていたが、せっかく数万円で付けた機能。諦めてしまってはもったいないと思い、ケースを外してみたり設定を変更してみたり試したが改善しなかった。私のiPhoneは数台続けてiPhone6の頃から使っており、iCloud経由でデータを移行してきている。iCloudでデータを移行していることで古いバージョンの頃のいらないデータや設定などが影響していたのかもしれない。

私の場合はマツダ標準の車載充電器で、ディーラーに聞こうとしていたが、試していたところできたので紹介した。ワイヤレス充電器はマツダ、iPhoneはAppleとメーカーが別なため、問い合わせる場所によっては明確な回答が得られないかもしれない。

私自身の経験のため、すべてが当てはまらないかもしれないが、試してみると良いのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました