一眼カメラの違いとミラーレス一眼カメラの初心者おすすめ

デジタル一眼カメラの種類や性能を比較しながら、初心者におすすめするミラーレス一眼カメラを紹介する。

ミラーレス一眼と一眼レフの違い

レンズ交換式カメラには、構造の違いによりミラーレス一眼、一眼レフの2つに分けられる。使い方の差で、撮れる写真の違いはないと思って良い。

観点ミラーレス一眼一眼レフ
カメラ本体小さい大きい
電池の持ち悪い良い
ファインダーデジタル光学(実物)

スマホの撮り方に慣れていたらモニターを見るほうが使いやすいため、ファインダーを見ることは少ない。ただし、日中はモニターが見にくいのでファインダーがあった方が良い。

ファインダーから実際の風景が見たい(一眼レフ)のか、カメラで加工された風景が見たい(ミラーレス一眼)かで選んだら良いのではだろうか。カメラ店などで実際にファインダーを覗いてみると良いだろう。

おすすめは、最近の流行りのミラーレス一眼。

機種の違い

カメラ本体の性能はだいたい同じようなものなので、デザインや使いやすさで選んで良い。レンズを交換できるというのが売りのため、交換できるレンズの豊富さを気にした方が良い。

観点EOS KissSony α6400
カメラのデザイン女子向け男子向け
メーカー老舗メーカー新興メーカー
機能
性能
レンズの豊富さ
マウント形式キヤノンEF-MマウントSony Eマウント
動画

EOS Kissはレンズの種類が少ない印象。レンズ交換による楽しみは少ないかも。しかし、マウントアダプターを使用することで、他の機種のレンズも使用することは可能。ただし、レンズ・カメラ本体の性能を100%使えない可能性があることには注意が必要。

Sony α6400は、αシリーズのAPS-C・フルサイズ機の両方で同じマウントを使用しているため、APS-C用・フルサイズ用の両方を使用することができ、レンズが豊富にある。

センサーの違い

センサーサイズが大きいほど光を受け止める部分が大きいため、画質が良くなる傾向になる。

観点APS-CセンサーフルサイズセンサーiPhone
カメラ本体のサイズ小さい大きい
対応レンズのサイズ小さい大きい
対応レンズの値段安い高い
画質
ボケ小さい大きい小さい(レンズを2つ使用し加工している)

どう違うのかは具体的に表現できないが、比較すると違いがわかる。ここでは初心者ということなので、iPhoneの画質からステップアップしたいということなら、まずはAPS-Cセンサーで十分だろう。

センサーの大きさにより、本体やレンズの値段が上がるため、APS-C→フルサイズとステップを踏むと良い。

画素数の違い

画素数が多いほど細かく描写できるため、画質は良くなる。また、周囲を切り取りトリミングすることでズームインと同じ効果が得られる。

観点EOS Kissα6000iPhone
画素数2410万画素2430万画素1200万画素
ファイル容量大きい大きい小さい

レンズ交換式カメラは、ほとんど2400万画素程度あるので、インスタの写真では1/2~1/4までトリミングしてもどうにかなるだろう。

レンズの種類の違い

レンズはズームレンズ、単焦点レンズがある。ズームレンズは画角を調整でき、撮影対象をズームイン・ズームアウトできる。単焦点レンズは画角が一定で、撮影対象をズームイン・ズームアウトできない。

観点ズームレンズ単焦点レンズ
画角可変固定
値段高い安い
F値大きい小さい(ボケる)

単焦点レンズ

単焦点レンズは、画角が固定されるため構造がシンプルになるため、コンパクトで安価でボケるレンズにできる。レンズ交換式の醍醐味である。

画角が固定だが、自分が近づけばズームインするのと同じ効果になるので、動けばある程度おぎなえる。スマホも単焦点レンズなので同じ感覚でイメージすると良い。

画素数が多ければ、トリミング(周囲を切り取る)ことで相対的にズーム効果も得られる。

撮影や編集するための時間が多く撮れる場合には有効。撮る前からすでにイメージがある場合など作品を撮るときに良いだろう。

ズームレンズ

ズームレンズは、同じ場所からズームイン・ズームアウトすることで画角を変えることができ、シャッターチャンスを逃しにくい。

動いているものを撮る場合や、撮影や編集に時間をかけることができない場合はズームレンズの方が良いだろう。

あとがき

合わせて、下記の記事も参考にしてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました