OneDriveでファイルを開く場合に、リンクをクリックしたらデスクトップアプリで開くための設定方法

スポンサーリンク

Microsoft365を活用していく中でOneDriveのWeb画面からファイルを開くことが重宝する場合がある。Web画面でファイルを開くと、ブラウザ上でファイルが開き、通常のExcelやWordやPowerPointなどのクライアントアプリ(デスクトップアプリ)とは使い勝手が異なり、使いにくさを覚える。

ファイル名を右クリックすると、「開く」メニューの中に、「ブラウザーで開く」「アプリで開く」の候補が表示される。

「ブラウザーで開く」は操作しているブラウザーでファイルが開く。これはクリックしたときと同じ動作。
「アプリで開く」は、MicrosoftOfficeのデスクトップアプリがインストールされていれば、ExcelやWordなどの通常のアプリで開くことができるようになる。

デスクトップアプリの方が馴染みがあり使い勝手が良いため、毎回デスクトップアプリで開きたくなるが、毎回右クリック→「アプリで開く」を選択するのは面倒になってくる。

そこで、OneDrive でファイル名をクリックして開く場合に、デフォルトでデスクトップアプリケーションで開くための設定方法を解説する。

OneDrive for Business でファイルを開く場合に、デフォルトで Office デスクトップ アプリケーションで開く設定方法

下記が手順の概要である。

  1. Microsoft 365 ポータル (https://portal.office.com) にサインイン
  2. 画面左上のアプリ ランチャー (九つの四角が集まっているところ) をクリックし、「OneDrive」 をクリック
  3. 左下の「従来の OneDrive に戻す」をクリック
  4. 画面右上の「設定」(歯車アイコン)→「リボンを表示」の順にクリック
  5. 画面左上に表示される「ライブラリ」タブ→「ライブラリの設定」の順にクリック
  6. 「全般設定」 セクションの「詳細設定」をクリック
  7. 「ブラウザーで開くドキュメント」の「ブラウザー対応ドキュメントを表示する既定の方法」から、「クライアント アプリケーションで開く」をクリックして選択
  8. 一番下までスクロールして「OK」をクリック

詳細手順

「https://portal.office.com/」と入力してエンター

「https://portal.office.com/」と入力してエンター

「OneDrive」クリック

「OneDrive」クリック

「従来の OneDrive に戻す」クリック

「従来の OneDrive に戻す」クリック

「設定」→「リボンを表示」の順にクリック

「設定」→「リボンを表示」の順にクリック

「ライブラリ」→「ライブラリの設定」の順にクリック

「ライブラリ」→「ライブラリの設定」の順にクリック

「詳細設定」クリック

「詳細設定」クリック

「クライアント アプリケーションで開く」チェック

「クライアント アプリケーションで開く」チェック

一番したまでスクロールし、「OK」クリック

一番したまでスクロールし、「OK」クリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました