iPhone SE(第2世代)のおすすめ構成

iPhoneは毎年新商品が登場しているが、おそらくほとんどの方がすべてを使い切れていないのではないか。それなのに、高額な金額を払ってまで使いたいかと思っている方も少なくないのではないか。

ということで、買って良かったiPhone SE(第2世代)とその周辺のおすすめを紹介する。

iPhone SE本体

まずは、iPhone SE(第2世代)の本体。

Appleのオンラインストアで新品を購入するのもありだが、こちらは中古品になるが新品に近い整備済み品である。バッテリー劣化も少ないものや、当たりを引けば新古品(おそらく未使用)をゲットできる。

10台ほど購入したが、バッテリーが少ないもの(設定→バッテリーの状態→最大容量:98%)、画面フィルムがはがされていないものであった。

希望のバッテリー状態を指定することはできないが、新品よりも安く購入したい場合はおすすめしたい。

充電アダプタ

iPhone本体にはLightningケーブルは付属しているが、充電アダプタが付属していない。他の機器のUSB充電アダプタを流用できるが、こちらを購入しても良いだろう。

画面保護フィルム

こちらは、PET素材の画面保護フィルム。基本はキズの防止。落として地面を擦ってしまったときに画面を保護するために使う。画面が見づらくなることなく、指の滑りが良く、指紋の跡が目立ちにくい。

貼る場合は、気泡が入っても押し出しすことができてきれいに貼れる。

以前はガラス製のフィルムが滑りが良かったが、落とした時に割れやすかった。ガラス製ではなく柔らかい素材のため、落として割れることもなく画面を保護できる。

本体カバーケース

スマホをよく落とす方にはおすすめしたい。

米軍の規格MILに準拠して、手に持った高さから落としても本体はキズもつかず保護してくれる。ちなみに建物の2階や3階から落とすといった通常の生活以上の衝撃には対応できないのでその旨は注意。

裏面は黒っぽい半透明で指紋が目立たず、本体のAppleマークがじわっと見える。裏面にシールやテプラなど貼っても文字が認識できる。しっかり見ないとわからないため、逆に通りすがりの人にはわかりづらいということがメリットになる。

ボタンの押した感じはカチッカチッとした感触で悪くない。

ストラップホールはついていない。しかし、底面のスピーカーと充電ケーブルを差す穴の間に無理やりひもを通すことはできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました