Windows テザリング時にデータ使用量を制限する方法

スマホやモバイルルータをテザリングしてパソコンをインターネットに接続する際に、使いすぎないようにパソコンでの通信量を制限する方法を紹介する。

最近はOneDriveなどバックグラウンドで通信をして、意識せずに通信量を消費するアプリが多く存在する。これらをいちいち注意はできないため、このような制限をかけることで消費されていることも確認ができる。

Windows テザリング時にデータ使用量を制限する手順

Windows テザリング時にデータ使用量を制限する手順について紹介する。下記の手順で設定することで指定した通信量以上使用しないように設定ができる。

設定画面を開き、「ネットワークとインターネット」クリック

「状態」→「プロパティ」を順にクリック

少しスクロールし「従量制課金接続として設定する」のスイッチをクリックして「オン」にし、戻るボタンで画面を戻る

「状態」→「データ使用状況」を順にクリック

「制限を入力してください」クリックし、「データ通信量の上限」を設定し、「保存」クリック

リセットまでにデータ通信量の上限に達したら通信できなくなるように設定される

OneDriveの同期を止める

デフォルトでは、OneDriveは従量課金制ネットワークに接続すると、同期が一時停止する設定になっているようだ。他のアプリでもバックグラウンドで通信を行なうようなアプリでは同じような設定があるかもしれない。

OneDriveの設定を確認すると、「このデバイスが従量課金制ネットワークの時に、同期を一時停止する」にチェックが入っていることがわかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました