Windows ローカルユーザーをコマンドで追加作成する方法

Windowsのローカルユーザーをコマンドで作成する方法を紹介する。設定画面で作成することができるがMicrosoftアカウントを作成する方向に誘導され、面倒な時に使用すると良いだろう。また、繰り返し作成する場合にも有効だ。

スポンサーリンク

ローカルユーザーを追加するコマンド

管理者としてコマンドプロンプトを開き、下記のコマンドを実行する。

net user [ユーザー名] [パスワード] /add /fullname:"[表示名称]"

初回ログイン時にパスワードを変更させるには、「/LOGONPASSWORDCHG:yes」を追加する。

net user "[ユーザー名]" "[パスワード]" /fullname:"[表示名称]" /LOGONPASSWORDCHG:yes /add

TestUserを追加して、初回ログイン時にパスワードを設定してもらう場合の例:

net user "TestUser" "pass123" /fullname:"テストユーザー" /LOGONPASSWORDCHG:yes /add
スポンサーリンク

追加したローカルユーザーを権限グループに所属させるコマンド

セキュリティグループに追加する場合のコマンドの構文以下の通り。

net localgroup "[グループ名]" [ユーザー名] /add

管理者権限を与えない通常ユーザーの場合の例:

net localgroup "Users" TestUser /add

管理者権限を与える管理者ユーザーにする場合の例:

net localgroup "Administrators" TestUser /add

スポンサーリンク

パスワードを無期限にするコマンド

設定したパスワードを無期限に設定する場合は下記のコマンドを実行する。共用アカウントの設定する場合には良いだろう。設定しない場合は定期的にパスワードの変更するように施される画面が表示されるようになる。

wmic useraccount where "Name='[ユーザ名]'" set PasswordExpires=FALSE

スポンサーリンク

ローカルユーザーをコマンドで追加する場合のその他のオプション機能を調べる

その他のオプション機能を調べるには、下記のコマンドを実行して確認する

net user /help

Windows
スポンサーリンク
システム開発メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました