Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法

USBメモリを書き込み禁止にして、USBメモリに保存されているファイルの書き込みや削除ができないようにする設定方法を紹介する。

下記のような効果が期待できる。

  • USBメモリに保存したバッチファイルやプログラムファイルがセキュリティソフトに誤検知され、削除されてしまうことを防ぐことができる。
  • USBメモリでファイルを配布する

USBメモリを書込み禁止に設定する方法

コマンドプロンプトを管理者として起動する。

ドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、仮想ハード ディスク) を管理するためのコマンド「DISKPART」を実行する。

diskpart
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
ドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、仮想ハード ディスク) を管理するためのコマンド「DISKPART」を実行する。

ディスクの一覧を表示する

list disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
ディスクの一覧を表示する

USBメモリのディスク番号(ここでは1)を選択する

select disk n
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
USBメモリのディスク番号(ここでは1)を選択する

再度ディスク一覧を表示し、選択されたディスクを確認する。

list disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
再度ディスク一覧を表示し、選択されたディスクを確認する。

ディスクの状態を確認する。

attributes disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
ディスクの状態を確認する。

USBメモリを読み取り専用に設定する。

attributes disk set readonly
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
USBメモリを読み取り専用に設定する。

再度、ディスクの状態を確認する。「現在の読み取り専用状態」「読み取り専用」が「はい」に変わっていることがわかる。

attributes disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
再度、ディスクの状態を確認する。「現在の読み取り専用状態」「読み取り専用」が「はい」に変わっていることがわかる。

USBメモリの書込み禁止を解除する方法

USBメモリの書き込み禁止を解除する方法は下記の通り。

コマンドプロンプトを管理者として起動する。

ドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、仮想ハード ディスク) を管理するためのコマンド「DISKPART」を実行する。

diskpart
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
ドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、仮想ハード ディスク) を管理するためのコマンド「DISKPART」を実行する。

ディスクの一覧を表示する

list disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
ディスクの一覧を表示する

USBメモリのディスク番号(ここでは1)を選択する

select disk n
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
USBメモリのディスク番号(ここでは1)を選択する

再度ディスク一覧を表示し、選択されたディスクを確認する。

list disk
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
再度ディスク一覧を表示し、選択されたディスクを確認する。

USBメモリの書込み禁止を解除する。

attributes disk clear readonly
Windows USBメモリを書込み禁止に設定する・解除する方法
USBメモリの書込み禁止を解除する

参考

attributes disk
attributes disk コマンドのリファレンス記事。ディスクの属性を表示、設定、またはクリアします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました