新しいウインドウで指定したURLを開く

javascriptで、新しいウインドウを開くには、windowオブジェクトのopenメソッドを使用します。

【対応】
・IE6
・IE7
・firefox
・safari
・Opera 9

【書式】
winName = window.open(url, winTitle, option)

winName : ウインドウ名
url : URL
winTitle : ウインドウのタイトル名(名前をつけておくと、同じウインドウを使い回ししてくれる)
option : オプションの設定を行なう。カンマ区切りで記述する。

<オプションパラメータ>
toolbar=[yes|no]|[1|0] ・・・ ツールバーの表示/非表示
location=[yes|no]|[1|0] ・・・ ロケーションバーの表示/非表示
directories=[yes|no]|[1|0] ・・・ ディレクトリバーの表示/非表示
status=[yes|no]|[1|0] ・・・ ステータスバーの表示/非表示
menubar=[yes|no]|[1|0] ・・・ メニューバーの表示/非表示
scrollbars=[yes|no]|[1|0] ・・・ スクロールバーの表示/非表示
resizable=[yes|no]|[1|0] ・・・ ウインドウズサイズの変更可/不可
width=pixels ・・・ ウインドウの内側の横幅
height=pixels ・・・ ウインドウの内側の高さ
left=pixels ・・・ デスクトップ上のウインドウの座標(左端)
top=pixels ・・・ デスクトップ上のウインドウの座標(上端)

IEのみ
titlebar=[yes|no]|[1|0]
channelmode=[yes|no]|[1|0]
fullscreen=[yes|no]|[1|0]

※そのほかもあるようですが、使い道がなさそうなので省略します。

【使用例】
window.open(“sub.html”, “sub”, “width=300,height=400”);

でも、関数化しておくほうが便利です。
function openwindow(url, width, height, winname) {
    //ウインドウを開く
    win=window.open(url, winname, "width="+width+",height="+height);
}

コメント

タイトルとURLをコピーしました