Windows10 OneDriveのパスを取得する方法

Microsoft365によりOneDriveの使用が増えてきており、OneDriveの活用方法を考えることが増えてきているが、OneDriveの同期をとっている場合OneDriveのローカルパスの取得が厄介だった。しかし、最近OneDriveのローカルパスの環境変数ができたようだ。

OneDriveの環境変数は、「OneDriveConsumer」「OneDriveCommercial」「OneDrive」の3つがあるようだ。

OneDriveの環境変数がない場合の問題点

OneDriveの環境変数がなかった場合の問題点は、同期するフォルダ名がパソコンによって変わる可能性があること。ドライブ名が違っていたり、フォルダ名をユーザーが意図して変更することもできる。ユーザーに変更しないで!といっても100%制御はできないだろう。

そんな時にこの環境変数で指定できるようになれば、固定のパスを指定できるため、自動で保存する場所や開くフォルダなど指定しやすい。

OneDriveのローカルパスの環境変数

OneDriveCommercial組織アカウントのOneDriveフォルダのルートパス
OneDriveConsumer個人アカウントのOneDeiveフォルダのルートパス
OneDrive OneDriveCommercial と同様

組織アカウントは一般的に会社で使用されるアカウント(メールアドレス)。
個人アカウントは無料でも作成できるMicrosoftアカウントである。

使用例

%OneDriveConsumer%\デスクトップ
%OneDriveConsumer%\Microsoft Teams チャット ファイル
%OneDriveCommercial%

その他

関連して、組織アカウントで特定のSharePointのフォルダを同期した場合は、下記のパスで取得する。

%USERPROFILE%\[組織名]

[組織名]は各会社や組織の名称でそれぞれ異なるため、直接指定する。

SharePointの共有フォルダを同期させ、デスクトップのそのフォルダのショートカットを作成するときなどに使用できる。

ちなみに、SharePointのフォルダを同期させるコマンドはなく、GUIによる操作が必要のようである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました